ドローン

ドローンで何をしているのか

  • 大学の周りを様々な角度から空撮しています。
  • 撮った映像は、他のプロジェクトでも利用されています。

ドローン撮影の流れ

1. フライトシュミレーションで練習をする
  • 実際のドローンのコントローラーを使って操作方法を学びます。

 (コントローラー:右スティックで高さ、左スティックで前後左右を動かします。)

2. ドローンの飛行許可申請書を提出する
  • 国土交通省に対して、申請書を出す。申請書には、ドローンの練習回数や、飛行ルートを記載します。
3. 大学構内で飛ばす練習をする
  • 実際に飛ばす練習、ドローンをキャッチする練習をします。
4. 撮影!
  • プロペラガードを付けて、安全に操縦できるようにします。
  • 100mぐらいまでしか飛ばすことができないので、高さに気をつけながら飛ばします。
  • 天候によって、動画の見え方が変わるので、設定の調整をします。
  • ドローンの充電は15分しか持たないので、素早く撮影することが大事です。
5. 感想
  • 風があると、ドローンが流されやすいため、同じ画角で撮影するのが難しいです。
  • SDカードの設定ミスにより、撮影した映像にノイズが入ってしまうことがありました。
  • ドローンの映像は滑らかさ、徐々に進んでいる様子が重要であると気付きました。

映像作品

桜並木(桜ver)
桜並木(新緑ver)
100m上空から見た小樽商科大学
大学会館越しに見た小樽の町